カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

ショップからのお知らせ

  • 2019.04.8 グループ2 021 橋梁構造物設計施工要領が改訂されました。
  • 2019.04.5 グループ3 031 トンネル構造物設計要領(開削工法編)
           グループ4 047 仮設構造物設計要領
           が改訂されました。
           
  • 2019.04.1 グループ1 017 工事標準歩掛(維持修繕・附属施設土木編)が改訂
            されました。
  • 2019.01.8 グループ4 044-4 附属施設物設計施工要領 第4編[遮音壁編]が
            改訂されました。

新着商品

021-01 橋梁構造物設計施工要領〔I共通編〕 NEW

1,890円(税込)
今回の改訂では、道路橋示方書・同解説(平成29年11月)において従来の許容応力度設計法に代わり限界状態設計法及び部分係数法が導入されたことに伴い、新たな設計体系に対応する形で全体を改訂した。また、その他に首都高内外の技術的な動向を踏まえた改訂を行った。備考:CD−ROM販売

021-02 橋梁構造物設計施工要領〔II鋼橋・鋼部材編〕 NEW

3,740円(税込)
今回の改訂では、道路橋示方書・同解説(平成29年11月)において従来の許容応力度設計法に代わり限界状態設計法及び部分係数法が導入されたことに伴い、新たな設計体系に対応する形で全体を改訂した。また、その他に首都高内外の技術的な動向を踏まえた改訂を行った。備考:CD−ROM販売

021-04 橋梁構造物設計施工要領〔IV下部構造編〕 NEW

1,350円(税込)
今回の改訂では、道路橋示方書・同解説(平成29年11月)において従来の許容応力度設計法に代わり限界状態設計法及び部分係数法が導入されたことに伴い、新たな設計体系に対応する形で全体を改訂した。また、その他に首都高内外の技術的な動向を踏まえた改訂を行った。備考:CD−ROM販売

031 トンネル構造物設計要領(開削工法編) NEW

3,890円(税込)
本要領は、首都高速道路において新設される開削トンネル躯体設計および耐震照査に適用するものです。
備考:CD−ROM販売

047 仮設構造物設計要領 NEW

3,780円(税込)
首都高速道路の基礎構造物、トンネル等の施工の際に用いる仮設構造物の設計要領です。
備考:CD-ROM販売

017 工事標準歩掛(維持修繕・附属施設土木編) NEW

3,090円(税込)
首都高速道路株式会社において実施する工事の一般的な工種の標準的な歩掛をとりまとめたもので、首都高速道路株式会社における積算基準的な図書です。(維持修繕・附属施設土木編)
備考:CD−ROM販売

044-04 附属施設物設計施工要領(遮音壁編) NEW

1,580円(税込)
本要領は、首都高速道路に設置される遮音壁の設計と施工に適用される要領です。
備考:CD-ROM販売【平成30年12月 改訂版】

ページトップへ